誰が知っているか

しっかりと。」

爱尔みい露出は面白いの悪い心笑顔を感じてては、次の私の質問に答え。

「紗彼女は目下、手作りチョコを作るつもりはないようですね。」

……はい、そうですか。」

「あの、台所はお兄さんのです」と「彼女は『その、キッチンはお兄さんのです……だから私は一人で料理を作ることはできない。』」

「ああ。」

私の家の台所は料理教室先生の「私の母」の遺品として、この紗霧も知っています。だから私がいない時、彼女はもちろん一人で使うことはできない。

家にいる時、彼女は家にしゃがむているので、台所にも行きません。

そのため、紗はチョコレートを手にしていないように。

「など、など、爱尔みぃ……家にはしゃがみとネットのこの方式があり!こちらの可能性は……?」

「これも聞いたことがあるんだよね。彼女は『自分の手で作ってないと勝てない……だからだめ。』」

「何というのは勝てない!これは紗が好きな人にはたくさんのライバルの存在があります――このようにしますか?」

恋敵「恋敵」「恋敵」「恋敵」「恋敵」「恋敵」「恋敵」「恋敵。それは、手作りじゃないと、「贈る相手にならない」というニュアンスだ。」

「こんな余計わからなくなるよ、どうしてバレンタインチョコレートを贈る対象と対決しますか?」

誰が知っているか。要するに、『妹チョコ』の可能性はゼロに近いという可能性はゼロに近い。あきらめてたよ。」

「ないで…………ない、どうでもいい、どうせ私は少し早く感じて……多分はないでしょう。」

私は瞬間に瀋み、結果を慰めてくれとシド:

「和泉、エロス漫画先生はあなた『ゲイチョコ』なんてものをあげないんでしょうか?」」

爱尔みぃは気付いか

爱尔みい困ってる顔を曲がっている頭。

「話が帰ってきて、妹なんて答えはだめだけど。……でもこの答えはあなたとは全然違うタイプだと言えるでしょう。」

……あなたはそう思いますか?」

「ああ、宗に好きな人は……」

爱尔てみぃと自分の顔紅潮する。

あなたじゃないから!漫画化はあなたには依存していないということですが!」

「えっ、本当にうそだったの?」何だよ、呼~だと君はこの段と一緒に仕事の期間を好きに可愛くて頼れる老子、そして回りくどい告白だろう。」

「自己意識過剰も限界があるからな。」

しかし考えて爱尔みぃの性能規格、もし私のではないとなんだかがとても自然にその場合だろう。

やっぱり彼女は頼りに超かわいい。

「私は徴宗あ、『頼る人』という点を理解して、ただ、好きの人』『がっしりとした意味は何ですか?」

「私は言いたくありません」。」

もうちょっと気になるけど。」

爱尔みぃは気付いか、彼女は引き続き追及。

一方、黙って話を聞いてくれたシド額には汗がだくだく流れる、さらには硬い表情で考えている。

「『依頼に値する人』……『体が丈夫な人』……………………ああ!果、やっぱり……では、そんなことはありませんか……?」

「おい、そこの!あなた爱尔正誤会よりも深刻にいやみぃ!」

この人はいったい何時に私の同性愛を解除することができるのですか!

「はい、はい、はい、私は答えて、これでいいでしょうか?!爱尔みぃ、私に教えて紗霧『好きな異性のタイプ」でしょ。そして『妹チョコ』はチャンスがあれば、また『妹チョコ』とも手に入れて。」

強烈になってきました

二人が強張る。

紗は両手に両手を隠して:

「お兄ちゃん、お兄ちゃん……先に……どうぞ……」

「それは―――そうですか?それは……」

予想外の状況で混乱に陥るが、紙袋を紗に渡すという。

お誕生日はお恥ずかしいですから、お土産はちゃんとプレゼントしないと。

反省の後、私はできるだけ明るくして、私は、また、私は、私は、私は、それを、私は、私は、それを、私。

これはあなたへのクリスマスプレゼントです!」

「えっと……」

私は紙袋からクリスマスの配色をしばった毛糸の靴下を取り出して。

「あなたの足はいつも涼しそうになってるから!だから私は毛糸の靴下を編みました!」

「ええっあれはおやおやおやおやおやおや!」

私の困惑感はもっと強烈になってきました。

……どうして、このタイミングでこんなに驚いているの?」

「才、やっと、やっと、ないの?……あの……自分で……編む……のかな?」

「そうですね!あなたの『和式胴着』私は自分で縫って、少し甘んじないと感じます。今回のために雪辱を試みて――以前母編み物を教えたので、私は少し少し編み。」

……知っている。あなたはよく人形を編みます……料理に並んでいる……」

紗の顔色はなぜかしらむ、どうしたのか分からないが、どうしたのか。まさか……私のプレゼントは好きではありませんか。彼女は、靴下の好きな人ではありませんか?

今はかえって私がとても緊張して

「そうですね……あなたからは見えないけど……」

「?」

……あいつはアニメのアニメの見た時……少し泣いてた。」

………………」

二人の兄妹はしばらく黙って瀋黙に陥る。

そして、ほとんど同時に低声して:

「本当に悔しいですね。」

でも、本当に素晴らしいですね。」

両方が本気なら。

言えない想い、浮かんでは消える。

私たちももっと努力しなければならない。」

……うん。」

「開け放しな部屋」には温かい雰囲気に満ちている。

さっきまで動きもこわばっていた紗霧も、少し冷静になってきたようで。

……………」

今はかえって私がとても緊張して。

ここに来るのは、紗に何かを聞かなければならないことだ……そして私のクリスマスプレゼントを紗の目的にしていました。

紙袋の手を掴んで、毅然とした手を握り締めていた:

「には……あの……」

そして妹の声に重ねて。

「―――――――」

この言い方は

沒事「大丈夫だよ!何もない!」

はい、そうですか。」

見ては。でも彼女は問い詰めされたくないので、引き続き言い続けることでしょう。

「プレゼントもにぎやかに行ってね。恵は彼女が参加すると言っていた時、本来は知らなかったと言ってどうなるのかと言いたいです……」

…………………………彼女、すごいですよ。」

糸の霧はむにゃむにゃとして、この文をむにゃむにゃた。彼女は言葉にはならない人は、この言葉にはいろいろなアイデアが含まれているはずだ。

……私の妹の語の翻訳技術はまだ遠いと見て、私の妹の語の翻訳技術はまだ遠いです。

「彼女は、みんなによくないとはね……よかったね。」

「そうですね。さすがは彼女か恵それやつはみんなと一緒にいる速度、蓋の。」

………………」

「どうしたの?」

……お兄ちゃん、また新しい、女の子が来て。」

「この言い方は、あまりにも悪くないということができますか。!」

あなたと胸に大きい智恵さんと話している時……雰囲気、とてもいいですね。」

「それがないんだから。」

「よ……もういい、と。胸部の兄が大好きで、誰ととても仲良しです……私とは関係ない。」

こいつも胸が気になって。

「ああ、妖精のアニメーションは……も上手ですね。」

「うん……完成版……すごいですね。オープニングアニメの曲も映像があって、すべてがカッコいいです。」

紗の肩が急に震え始めた

紗霧がなかなか答えないのだが、このことは日常茶飯事にこの妹にとって、だから私はちっとも焦らずに相手を待つ。

…………………………………………」

また何十秒も過ぎて、紗は依然として口を開いていませんでした。

彼女の頬はだんだん赤くなって、冷房が強いからですか?

見て妹のその格好は面白いかもしれないが、やはりちょっと営みいい口をきか状況のほうがいいでしょう。

私は、紗が。」

「えっと……な、何か!」

もしもし……なぜこんなに揺れて。

あなたが私を呼んでいるのに……何かやましい事をしてたのかな?

クリスマスパーティーは楽しかったですね。」

「うん、うん!」

「あなたの秘密も露出してないんだよな……プレゼントを交換しても……」

!」

「プレゼント」というと、紗の肩が急に震え始めた。

「?……プレゼントを交換しても……」

!また震え始めた!

プレゼント。」

!震えているのか!

プレゼントは何か起こったのかな?」

先に家に帰りましょう

私はすぐ妖精の手を引っ張って、全力で脱出する現場。

「はあ、はあ、哈だな……ここに来たら、問題ないはずです。」

私はハンカチで額の汗を拭いて、そして息をあえぎ。

振り返ると、妖精の呼吸も歯がゆいて真っ赤になってた。

……ほほほ、まあまあ。あなたはそう思うんですか?」

「でないからだよ……そう、この次はどうしようかな。明日はどうやってサーバントの学友の説明がやっと良いことを説明する。」

「俺の彼女がとてもうらやましいと言われている彼女はスーパー美少女でした。。」

「クリスマスイブには、女友達がいない男子生徒たちはそう言うんですか?」」

殺されるでしょう。

「はい、ときに、美少女女主人公が突然転校してきた時、普通の高校生たちがどんな反応をこのように実際の取材の資料を獲得した。」

人の話を聞くとか。」

「あなたは、軽い小説の主役の反応を含め、標準的な手本はほとんどないと感じている。」

「一番早くこの基準を書き出している人は、きっと才能があるでしょう。」

わからないけど誰が考えたが、いわゆる「基準を作成する手本」、「王道」してまず人々は本当にとても偉大な。誰でも楽に使って、超強力な強力な。私は妖精、といえば何か書く物語に必殺技の話とは、これらのネタにしましょう。

……にも……先に家に帰りましょう。」

「そうだね、このまま仲良く手を取って帰りましょう。」

!あ、すみません!」

教室から今までずっと手を繋いで、教室からずっと手を繋いで。

………………」

妖精は私の放す手のひらをじっと見つめて見る。

………………………………」